カテゴリー
news

早稲田祭2020はやみねかおる先生ロングインタビュー

2020年早稲田祭、私達早稲田大学マスコミ研究会は作家のはやみねかおる先生にインタビューさせていただきました。

メモリアルイヤーだからこそ聞きたかった!
🍁はやみね先生が作家になるまで
🍁はやみね先生のオススメ作品
🍁作品作りと、赤い夢
🍁はやみね先生の読書観と人生観
などなど貴重なお話をたくさん収録したロングインタビューです。

はやみね先生の作品を読んで育った方も、「読んだことない!」という方も。読んだあと、きっと心があたたかくなる本当に素敵なインタビューとなっております。

インタビューはこちらからお読みいただけます。

https://drive.google.com/file/d/1OBNSca0_eXHd3JV4x6qBwkqyElH-a6KW/view?usp=sharing

感想は、はやみね先生に見ていただけるようぜひTwitterで#(ハッシュタグ)早稲田祭マス研を付けてツイートしてください!

はやみねかおる
 1964年、三重県生まれ。三重大学教育学部卒業。『怪盗道化師』が第30回講談社児童文学新人賞で佳作を受賞しデビュー。作品の軸には子どもたちへのメッセージもこめられており、個性的なキャラクターと本格的なミステリーで子どもたちの心を掴み続けている。2020年に作家デビュー30周年を迎えた。「都会のトム&ソーヤ」シリーズ(講談社)は実写映画化が決定している。主な作品に「名探偵夢水清志郎」シリーズ、「怪盗クイーン」シリーズ(いずれも講談社)、『僕と先輩のマジカル・ライフ』(KADOKAWA)、『奇譚ルーム』(朝日新聞出版)など。

2020年11月7日
早稲田大学マスコミ研究会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です