カテゴリー
backnumber

vol.39

CONTENTS

それぞれの目次をクリックすると紙面をご覧いただけます。

p.2 はじめまして、始めました

生活が一変して1年以上……今を楽しめていますか⁈
楽しくないなら、楽しむしかない! でもどうやって?
自粛期間の「始めました」体験記、企画員の「死ぬまでにこれやっとけ!」などなど……
未だ知らない、楽しむための一歩がここに詰まっています。
はじめまして、始めました。

p.10 UNIDOL in WASEDA

大学対抗女子大生アイドルコピーダンス日本一決定戦「UNIDOL」ーー女子大生を輝かせる”魔法”が秘められた舞台。
その舞台で活躍する「君はトキシック」「夏目坂46」「Prismile」「ももキュン☆」、早稲田大学の4チームに独占インタビュー!
推したい、推されたい、全ての人へ、早稲田のキラキラを。

p.16 魅惑のタイム×カプセル

人はなぜガチャガチャを回すのか?
秋葉原駅構内に並ぶ老若男女の背中は、どれもワクワクに満ちている。
そうだ、我々は「ガチャガチャリティ」に魅了されているのだ!
ワクワクに飢えた企画員が、ガチャを回してその魅力を徹底解剖。
ぜひ100円玉をご用意の上、出かける支度をしてお読みください。

p.20 絶世の美女集めました

永遠のテーマ、美とは何なのか。後世に名を残す美女たちから学ぶ!
あなたがどんな美女タイプかわかる「美女診断」、千差万別の美の基準、歴史的美女の美容法を試してみた「美人になろう」などなど、美女たちの苛烈な人生を読むだけで体験できます。
どうあがいても美女になれる美女診断は必見です!

p.28 苦手でもツラくない!苦手でも楽しい!運動を楽しもう!

運動、してますか?好きですか?運動が必要な理由が分からない人はいないでしょう。だけど、だけどですよね。本企画はそういう人のために作られています。今は多様性の時代。今までの”運動”の概念を、ひっくり返します。

p.32 On/Off

昨日の自分と今日の自分は同じだろうか。君から見える自分とあの子から見える自分は同じじゃない気がする。スイッチが付いたり消えたりを繰り返すように、はたまたトランプのカードに裏表があるように、誰もが持っているかもしれない二面性。あなたもそんな二面性を一緒に発見しませんか。

p.40 モノローグ

少しだけ誰かに聞いて欲しい。小学生の頃の作文、そういえば最近みてなかったな。どんな自分になりたいか?って聞かれて思う、自分ってどんな人間だったけ。やる気を年末に供養できただけで、今年は実りある1年だったな。とか。文字にしないとはじけて消えてしまいそうな独り言。

p.46 What’s マスコミ研究会?

p.48 編集後記

カテゴリー
news

早稲田祭2020はやみねかおる先生ロングインタビュー

2020年早稲田祭、私達早稲田大学マスコミ研究会は作家のはやみねかおる先生にインタビューさせていただきました。

メモリアルイヤーだからこそ聞きたかった!
🍁はやみね先生が作家になるまで
🍁はやみね先生のオススメ作品
🍁作品作りと、赤い夢
🍁はやみね先生の読書観と人生観
などなど貴重なお話をたくさん収録したロングインタビューです。

はやみね先生の作品を読んで育った方も、「読んだことない!」という方も。読んだあと、きっと心があたたかくなる本当に素敵なインタビューとなっております。

インタビューはこちらからお読みいただけます。

https://drive.google.com/file/d/1OBNSca0_eXHd3JV4x6qBwkqyElH-a6KW/view?usp=sharing

感想は、はやみね先生に見ていただけるようぜひTwitterで#(ハッシュタグ)早稲田祭マス研を付けてツイートしてください!

はやみねかおる
 1964年、三重県生まれ。三重大学教育学部卒業。『怪盗道化師』が第30回講談社児童文学新人賞で佳作を受賞しデビュー。作品の軸には子どもたちへのメッセージもこめられており、個性的なキャラクターと本格的なミステリーで子どもたちの心を掴み続けている。2020年に作家デビュー30周年を迎えた。「都会のトム&ソーヤ」シリーズ(講談社)は実写映画化が決定している。主な作品に「名探偵夢水清志郎」シリーズ、「怪盗クイーン」シリーズ(いずれも講談社)、『僕と先輩のマジカル・ライフ』(KADOKAWA)、『奇譚ルーム』(朝日新聞出版)など。

2020年11月7日
早稲田大学マスコミ研究会

カテゴリー
backnumber

vol.38

CONTENTS

それぞれの目次をクリックすると紙面をご覧いただけます。

p.2 予告次第×動く世界 踊る期待×予告次第

 人生で特別な映画。出会ったきっかけは予告編ではないですか?
 日常の中、プロの制作事情など”予告”についてお届け!
 予告次第で、見える世界が変わる。

p.10 ビヨンド・ファストファッション

 大学生の強い味方、ファストファッション。社会問題化したあんなこと、その後の各ブランドの変化を探ります。ファストファッションとの付き合い方を一緒に考えます。

p.18 愛のヒットスタジオ

 歌詞にツッコミたくなる瞬間ってない?お前は魔物が女の子連れてきてもチキンだから何も出来ねーだろ的なさ……。ない?あるよね?そんな君にぴったりな記事!

p.26 モノローグ

 少しだけ誰かに聞いて欲しい。文字にしないとはじけて消えてしまいそうな独り言。百人一首の句の思い出、中二病だったころのこと……。三本立てでお届けします。

p.30 拝啓 大切なあなたへ

 ラブレターは所詮少女漫画の中のもの? いやいやもっと身近であっていいはず。文章代筆をプロに依頼など、ラブレターの魅力を探る企画です。

p.34 私たちは「これからを」どう生きるか 火曜6限「オンラインコミュニケーションの諸相」

 コロナ禍で私たちなら日常に必須となったオンライン。そんなオンラインに迫ったこの記事を読めば、あなたもオンラインマスターになれるかも…!?

p.42 What’s マスコミ研究会?

p.44 編集後記

カテゴリー
news

早稲田祭インタビューゲスト決定!

早稲田大学マスコミ研究会は、早稲田祭2020の「大隈記念講堂美術館企画」「出版・展示企画(早稲田祭公式HP上)」に出展いたします!

今年のインタビューゲストは、作家のはやみねかおる先生に決定しました!

メモリアルイヤーだからこそ聞きたかった!
🍁はやみね先生が作家になるまで
🍁はやみね先生のオススメ作品
🍁作品作りと、赤い夢
🍁はやみね先生の読書観と人生観
などなど貴重なお話をたくさん収録したロングインタビューです。

インタビュー記事の公開場所、公開日時につきましては近々お伝えいたします!お楽しみに!

はやみねかおる
 1964年、三重県生まれ。三重大学教育学部卒業。『怪盗道化師』が第30回講談社児童文学新人賞で佳作を受賞しデビュー。作品の軸には子どもたちへのメッセージもこめられており、個性的なキャラクターと本格的なミステリーで子どもたちの心を掴み続けている。2020年に作家デビュー30周年を迎えた。「都会のトム&ソーヤ」シリーズ(講談社)は実写映画化が決定している。主な作品に「名探偵夢水清志郎」シリーズ、「怪盗クイーン」シリーズ(いずれも講談社)、『僕と先輩のマジカル・ライフ』(KADOKAWA)、『奇譚ルーム』(朝日新聞出版)など。

カテゴリー
news

2020年度入会届受付開始!

本日8/16より、2020年度早稲田大学マスコミ研究会入会届の受付を開始いたします。
早稲田大学マスコミ研究会は、2020年秋学期も原則オンラインによる活動を継続します。
春学期の活動を経て、オンラインでもフリーペーパーの制作は十分可能であることがわかりました!
また、オンラインなので、他大学の方にもより参加しやすくなっております!

多くの大学1、2年生をお待ちしております。

【入会費および2020年秋学期活動会費は無料】です。
フォームの提出が確認でき次第、マス研の全体LINEグループ・スラック・各分科会LINEグループにご招待いたします。
📝入会届→【https://forms.gle/PPwY6TKuij9ANxde9

◎8月以降の活動については、秋新歓パンフレットにてご確認お願い致します。
入会者・入会しようか迷っている方共に参加可能の懇親会も開催予定です🙌
https://drive.google.com/file/d/1tXyvCDjQtlGPhFiuTig_w63_oF06QgqL/view?usp=sharing

◎各分科会の活動内容については、以下をご参照ください。

✏️ワセキチ記事制作(ソーシャル・バラエティ)
火曜日6限または金曜日6限にZoomにて活動を行います。
(検証・インタビューなど、企画内容により一部対面の可能性有)
ワセキチの記事を企画・制作します。

📖モノローグ
水曜日6限にZoomにて活動を行います。
お題に沿って文章を提出し、互いに読みあいます。
書いた文章はマス研公式のはてなブログにて公開されます。
https://waseda-massken.hatenablog.com/

💻編集
木曜日5・6限にZoomにて活動を行います。
ワセキチを紙面にするために使用するInDesign・Illustrator・Photoshopの使い方講座や、実際に作った作品の品評会を行う予定です。
Adobeのソフトは、入会してから一ヵ月に限り、サークルとしてライセンスを使えるよう用意をします。
それ以降は各自でソフトを購入していただくことになりますが、ご了承ください。

カテゴリー
news

2020年度新歓活動について!

早稲田大学マスコミ研究会は、現在zoomを利用したオンライン活動を行っています。
新入生は<<仮入会>>の形で一緒に楽しく活動しています!

※仮入会について
・2020年春学期のみ、会費や諸費用は一切かかりません。
・秋学期以降も活動を継
続する場合、入会費+2020年秋学期会費まとめて秋学期に払っていただく形になります。

活動は途中参加や退出も可能です。
新歓グループLINEから活動見学のご案内をしていますので、少しでも興味のある方はぜひどうぞ。
今年はイレギュラーな事態ですので、ご相談・ご要望には柔軟に対応させていただきます。

<活動時間>
火曜6限:ソーシャル
水曜6限:モノローグ
木曜6限:編集
金曜6限:バラエティ
活動内容はこちら

 

◎新歓グループLINEへの参加方法
※新歓グループLINE参加=入会ではございません。
活動見学やサークルの先輩と繋がれるチャンスです!
「まずは話だけでも…….」「雰囲気だけ見てみたい」どちらも大歓迎です!※
①こちらのQRコードを読み取り、早稲田大学マスコミ研究会公式LINE@を友だち追加

②トークに「新歓グループ」と送信し、指示に従い入力を済ませ、完了です!

「大学生は微力だけど、無力じゃない」
「ある1人が記事にすべきと思ったこと、おもしろいと思ったことを求める読者がきっといる」
なかなか身動きの取れない今だからこそ、一緒に「ワセキチ」を作りませんか?

あなたを、早稲田大学マスコミ研究会は待っています。

カテゴリー
news

新HP解禁!

現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、キャンパスではサークルとしての普段通りの活動ができなくなっています。
そのなかでいかに活動を続けるか、私達早稲田大学マスコミ研究会も頭を悩ませてきました。
そうして考えに考えた結果、新しいHPを公開することになりました!
今まで紙媒体のみでお届けしてきた「ワセキチ」は、紙媒体+WEB媒体へ生まれ変わります。
キャンパスの代わりに、このHPが私達の活動拠点に。

ABOUTUS-早稲田大学マスコミ研究会のサークル紹介・主な活動内容・4つの分科会についてご覧いただけます。

BACKNUMBER-2020年発行予定(※現在配布中止)でした「ワセキチ」vol.37「別冊ワセキチ」のWEB版をご覧いただけます。

WEBCONTENTS-分科会モノローグの作品を掲載しているはてなブログに飛びます。

入会希望・各種お問い合わせもお問い合わせより承っております。
コンテンツは定期的に更新していきますので、ぜひ一度、と言わず何度でも、お立ち寄りください。

カテゴリー
backnumber

別冊 ベツキチ

別冊 ワセキチとは

普段発行しているフリーマガジン『ワセキチ』では
大学生の目線で見た社会問題から
頭のネジが一本飛んだようなアブナイ記事まで、
銘々の自由な企画を「テーマ設定を行わないこと」
「通常のフリーペーパーでは
到底あり得ないページ数(70p強!)」
によって実現しています。

しかし、厳選して『ワセキチ』に
重厚なコンテンツを盛り込む一方で、
そこからはみ出たものにもまた魅力がありました。
そんな、「中身はないんだけどぼんやりと思っていること」や
「イメージはあるけど言葉にはできないこと」
を表現するためには……と思考錯誤を重ねた結果、
この『別冊ワセキチ』が誕生しました。

なんとなく思っていることがある、でも結局は言えずじまい。
そんな虚しさを抱えたまま生きる現代人には息抜きが必要です。
もしその虚しさを埋められる存在であれたら……。

通学・通勤の電車の中、授業と授業の間、
カフェで頼んだものが来るまで、
みなさんのちょっとした“すき間”に
彩りを加えられたら幸いです。

CONTENTS

それぞれの目次をクリックすると紙面をご覧いただけます。

p.2  よくみるけどそれ、ダサくない?

道行く人を見て「あれ流行ってるけどダサくない?」と思ったことはありませんか?みなさんにそんな、流行ってるけど個人的にはダサいと思うものを教えてもらいました!

p.4  スタイリッシュな街のださいところ

 足を踏み入れるのに勇気がいる……。スタイリッシュな街の代表格、日本橋、六本木。そんなあなたのためにスタイリッシュな街のちょっとダサいところ拾ってきました。
だんだん親しみが湧いてくる。次はきっと大丈夫。

p.6  ダサい×ダサい

“ダサい”は、冒険だ。”ダサい”は、遊びゴコロだ。じゃあ、”ダサい”と”ダサい”をかけ合わせたら、何が生まれる?
洗練か、統一か、無造作か。定番・正解を、超えよう。そんな2020年SSのコレクションをお楽しみください。

p.8  だっせえ恋ばっかしやがって

恋愛、してますか?
好きな子とうまく話せない君へ、だからといって酒に頼る、そんなあなたへ。
だっせえ恋ばっか集めてみました。

p.10  英文リノベーション

中学英語の教科書を思い出してみてください!謎のキャラ設定、興味を唆らない文章…。もし教科書の英文が胸キュンエピソードだったら!?
憧れのあのシチュエーションで、夢の英文作ってみました!

p.12  ダサいけどだからスキ

ニュースの恋愛カテゴリにある、「皆に愛されるダサかわ系男子」みたいなやつ。フェチが言語化されてくだけのやつ。
溶かした時間を取り戻すべく、オマージュ企画にしました。

p.14  ダサいすごろく

大学生活でありがちな出来事ををすごろくでまとめました。
これをクリアした次の日の朝、あなたは理想のスタイルになり、バイトの時給は上がり、GPAは5.00になります。
※個人差があります。

p.16  編集後記

読者アンケート

(所要時間は5分とかかりません。もしよろしければご協力をお願いします)

カテゴリー
backnumber

vol.37

CONTENTS

それぞれの目次をクリックすると紙面をご覧いただけます。

p.2 クイズ☆正解は20年前

「流行は20年で繰り返す」
じゃあ10年前の思い出話すれば、ごく普通の大学生でも10年後が見えちゃう!? 
2030トレンドを先取りしたり、つるの剛士さんと予想させて頂いたり、過去も未来も大好きになれる記事です。

p.10 どんどん知ってじゃんじゃん使おう!魅惑の言葉、オノマトペ

CMや漫画などでもよく見かけるように、私たちの生活にはなくてはならないオノマトペ。
そんなオノマトペの歴史から、私たちの生活に役立つ、とっておきの活用法まで紹介しちゃいます!

p.18 死ぬ準備、できてますか?

いつ死ぬか分からない、そんなの当然―― ちょっと待って、引き出しに封印したノートとか、病みツイートとか、今のうちに消さなきゃ……。
それから残りの人生どう生きたいかな。前向きに「終活」を考えてみませんか?

p.22 Confused English Education Where Are We Going?

大多数の日本人が英語を使いこなせないのはなぜか? その鍵を握るのは英語教育。
日本の英語教育改革の詳細や各大学の入試改革を取り上げつつ、
そこに潜む問題・あり方について考えます。

p.30 BUZZREACH

バズりたいと思ったことはありませんか? 寝る前、布団の中で「ちょwお前のツイート伸びすぎww」というリプが来るのを妄想していませんか?
この記事は、そんな承認欲求の塊(あなた)に贈る、バズるためのマニュアルです。

p.34 好きを抱きしめる

誰しも持っている、日常にあるあの存在。どれくらい好きかなんて考えたことがあるだろうか。
ふと立ち止まって考えてみる。そんな経験を本誌と共にしてみませんか。

p.42 あなたの知らない都市伝説の世界

「都市伝説」 その響きだけで底知れぬロマンがありますよね。一方で、都市伝説にはデマや風評と紙一重になる危険性も。
情報の洪水に生きる我々。都市伝説を切り口に、情報やメディアとの向き合い方を考えました。

p.50 貧乏でも大学生していいですか?

大学生の懐事情ってどうなってるの? 一度しかない学生生活、好きにお金を使いたいですよね。
食費の削り方や稼げる単発バイト、映画館の代わりに裁判傍聴のデートプランなど体を張った節約術お伝えします!

p.54 漫画を読むなら

昨今問題となっている「海賊版サイト」。アンケートや漫画編集者へのインタビューを通して、その立場が浮かび上がってきました。
この問題を通して、漫画とどう付き合っていくべきなのか、もう一度考えてみませんか。

p.62 モノローグ

人にわざわざ言うほどでもないけど、なんだか思ったことがある。そんな「伝えたいこと」をエッセイにしました。
そんな大学生の独り語りを、あなたもちょっと覗いてみませんか?