早稲田で一番アツい出版サークル マスコミ研究会! 企画、取材、デザイン、ぶんげい、好きな分科会で自由に活動しよう!

【学生芸人の現在地】第七回・ゲッターラブ「型破りな仲良し3人組」

早大学生芸人の現在地」は、早稲田大学のお笑いサークルに所属する学生芸人を取材し、活躍する彼らのありのままの姿に迫る連載企画です。

 

第七回のゲストは、早稲田大学お笑い工房LUDO22・23期のコンビ、ゲッターラブ二瓶宙也さん(右)と磯成美さん(中央、以下ナルちゃん)、福田海凪さん(左)。個性豊かなお三方から学生お笑いのあれこれを伺いました。

 

 

LUDOに集まった三人がトリオになるまで

 

ーー学生芸人になったきっかけを教えてください。

 

ナルちゃん:私はもともとスタッフとしてLUDOに入ったんですよ。モテたくて(笑) で、同期見て「私のほうが面白い!」と思って演者を始めました。

 

二瓶:早稲田の有名なサークルにいくつか入りたいと思っていて、バスケサークルとか軽音サークルとかいろいろ見てたんです。そしたらLUDOの新歓のZoomにめっちゃタイプな先輩がいて、可愛いなと思って入りました。フラれちゃったんですけどね結局(笑)

 

福田:友達に「お笑いサークル入ろうよ」って誘われまして。僕はもともと、お笑いサークル(の存在)を一切知らなかったんですよね。それで、バスケサークルと一緒に入りました。そうしたら友達が新歓のZoomでお笑いサークルに入るのを辞めちゃったんですよ。僕は辞めるのも面倒くさいからとりあえず続けた感じですね。

 

ーーコンビ結成の経緯を教えてください。

 

福田:僕らは今年の4月からやり始めたんですけど、それまではここ(真ん中)に全く別の女の子がいました。その子は同期なんですけど、2年入会なので去年卒業しちゃったんです。

 

二瓶:そのときに結構いろんな女の子とっかえひっかえというか(笑) 4人くらいの子と入れ替わりでやったりしてるなかにナルちゃんもいて。ナルちゃんとやったときが1番しっくりきたというか、なんかね、華があったよね。

 

ナルちゃん:嬉しい(笑)

 

福田:3年生のときにあった大会のオーディションに、去年まで組んでいた女の人が体調不良で来れなくなったので、代わりにナルちゃんを呼んで出たんです。そしたら(ネタを)やりながら絶対勝てるなっていう感じがして。実際そのオーディションにも通ったので、そのときにナルちゃんとは結構合うんじゃないかって思いました。それで、4年生になったときに組んだって感じです。

 

二瓶:先輩に4年になって誰入れるのって聞かれて。「ナルちゃんとやろうかなって思ってます」って言ったら、「絶対やめといた方がいいよ、合わないっしょ」みたいに言われて。

 

ナルちゃん:同期にもめちゃめちゃ言われてました。

 

二瓶:なんですけど、照山おうちごはんの大竹だけはナルちゃんいいんじゃないって言ってくれましたね。

 

福田:ナルちゃんは今までの前の女の人とは違う、タイプが真逆っていうか、

 

ナルちゃん:実は私は、前に所属してたその女の人とめっちゃ仲良くて、その人からメッセージもらって引き継ぎました。

 

 

学生芸人だからこその悔しさと楽しさ

 

ーー活動の中で辛かった瞬間を教えてください。

二瓶:辛かった瞬間が最近ありました。こいつ(福田)がM-1に別のコンビで出てて、準々決勝まで行ってて。それが発表された時僕最悪だったんですよ。

ナルちゃん:確かに。

二瓶:基本的にあんまり大会で負けるとか滑るとかそんなに食らわないタイプなんですけど、裏切られたって思って。

福田:いやいやいや、何それ。

二瓶:寂しいって、置いてかないでよって思って、ちょっと泣いちゃいました。

ナルちゃん:えー(笑)

二瓶:負けろよって思ってますね。(結果準々決勝敗退)一緒にM-1観ようや……

福田:あ、M-1は高校の友達と観るから。

二瓶:俺も行っていい?

福田:ダメ。

 

ーーでは活動の中で楽しかったこともお聞きしていいですか?

ナルちゃん:芸会で決勝進出したのが一番嬉しかったと思います。

二瓶:あとL-1っていう、LUDOの1番を決める大会があったんですけど、それでも僕たち優勝して。組んで1カ月くらいで優勝できたので、嬉しかったですね。

福田:前の年の優勝者が尊敬しているネオ悩殺パンクだったんで。

ナルちゃん:ネオ悩殺パンクの松田さんにもこの3人で組むことは反対されてて。

福田:そうなんですよ。

ナルちゃん:見返してやりましたね。

 

ゲッターラブのキャッチコピー

 

ーーここで皆さんが考えるゲッターラブのキャッチコピーをご記入下さい。

ナルちゃん:恥ずかしいなこれ。

ーー皆さん書くの早いですね!

二瓶:めっちゃ考えてきちゃいました。

福田:こいつ(ナルちゃん)なんて絵描く余裕ありますからね。

ナルちゃん:すみません絵描いちゃってました。

ーーありがたいです(笑) では一斉にお願いします!

 

福田「ナエトル ポッチャマ ヒコザル」 ナルちゃん「泥まみれの3兄弟」

 

二瓶:先輩のライブに出たときに、その先輩がトリオを短い文章で紹介するっていうのをTwitterでやってて。そこで(ゲッターラブを)「別の惑星から来た人なのかもしれない」って紹介をしてくれてて、かっこいいなって(笑) でも確かにちょっと違和感のある人達というか、絶対見たことない感じのコントしたいなと思ってて、それで「ゲッターラブ星」。

ナルちゃん:兄弟の感じがするって言われることが多いので「3兄弟」っていうのと、「泥まみれ」ってつけたのは、3人ともちょっと小汚い(笑)

福田:僕は、文面の通りタイプの違う3人っていう意味です。

ナルちゃん:誰がどれですか?

福田:それはちょっと考えてなかったです。

二瓶:絶対あるだろそんなの(笑)

福田:これから決めていきます!

二瓶・ナルちゃん:気になるなぁ。

福田:じゃあ何がいい?

二瓶:ナエトルやだな、ポッチャマがいいです。

ナルちゃん:私もナエトル嫌です! 私はヒコザルじゃないですか?

福田:俺ナエトルでいいよ。ドダイトス強いし。

コント中のゲッターラブ

それぞれの大学生活と学生お笑い

 

ーー学生芸人の活動と大学生活を両立する上で大変だったことはありますか?

 

ナルちゃん:これは多分、私が一番大変だった。

 

二瓶:美大だからね。

 

ナルちゃん:制作活動とかをめっちゃしなきゃいけなくて、めっちゃお金もかかるんですよ。

それの工面とこっち(LUDO)に来るのと制作時間とかの取れなさのバランスが本当にヤバい。常にヤバい。

 

ーーコツなど見出せましたか?

 

ナルちゃん:全部ちょっとずつサボる(笑) 美大の人には学生芸人をおすすめはしない(笑) めちゃくちゃしんどいです!

 

 

ーーお二方はどうでしょうか?

 

福田:勉強はそんなに大変ではないんですけど、就活が結構大変でした。

今年の3月から5月あたりはやっぱり(就活関連のことが)多くて、その分大変だったなというのはあります。

偶然かもしれませんが、その時期はライブが今と比べると多くはなかったので、その点はラッキーだったかなと思います。

 

二瓶:僕は結構勉強も大変でした。

基本的にネタをだいたい僕が作る感じだったので、結構授業中にネタを書いたり、バイト中にちょっとネタを書いたり、そういう感じでやってましたね。

 

ーーネタ作りは二瓶さんを中心に?

 

二瓶:そうですね。でもネタによってはナルちゃんと福田が9割くらい作っていたりもします。基本的には僕が原案を持ってきて、それをできるところまで作って、僕が10割作ることもあるし、1で俺がつまずいちゃったらあとは2人に手伝ってもらったり。

 

ナルちゃん:2人でその先を膨らますこともあります。

 

二瓶:でも、やっぱりネタ作りは大変ですね。それと学業とか就活とかの同時並行している時は頭おかしくなるかと思いましたね。

 

福田:学生芸人はコンビが1つじゃないっていうのがありますね。

僕・二瓶・松延(友田オレ)・金山(照山おうちごはん)で4人で集団をやってるんですけど、定期ライブでそれをやるのに集まらなきゃいけないとか、あとは別にサブコンビがあって集まらなきゃいけないとか、そういうのはやっぱりプロより考えなきゃいけないことが多い分、大変かなと思います。

 

ーー大学お笑いに興味のある学生や、やっている皆さんにメッセージをいただけますか?

 

福田:辞めない方がいいですね。続けてれば絶対誰かにはハマるので、続けてほしいです。

 

ナルちゃん:うわ、いいこと言う。

 

二瓶:結構同意です。

LUDOで今信じられないくらい活躍してるコンビも、結構最初は評価されてなかった。

諦めなかったら、どっかで掴むタイミングがあるんじゃないですかね。だから、ちょっとつまずいても諦めないで続けてほしいですね。

 

ナルちゃん:学生お笑いって絶対にチャンスが回ってくるから。本当に、続けてれば絶対どっかでいいことがある感じがしますね。

 

続けることの重要性について語るゲッターラブ

 

 

ーー最後に、今一番面白いと思う学生芸人を教えていただけますか?

 

ナルちゃん:ゆるふわ冬至に取材をしてほしいです。彼はすごい面白い(笑)カラオケで、歌いながら創作ダンスを踊ってくれます。

 

二瓶:面白いけど、取材をする人じゃない(笑) でも見てみたいですね。

 

福田:ネタが面白いでいうと放電フルメタルドッグかーかもコーヒーという漫才のコンビが好きです。この3組は独自のスタイルを貫いていると思います。人が面白いで考えると、ゆるふわ冬至時田(爆砕点穴)佐々木(ストロングブルジュニア)です。この3人は僕が人生で出会った中で一番面白い3人だと思います。

 

二瓶:僕はバーズ練炭貴族春葦波が好きです。3組はメインでコントをやってて、僕自身コントが好きなので選びました。2年生だとおたからやというピン芸人が好きです。

 

ナルちゃん:私はGotta Go!ランパオーン。ランパオーンは普段本当に好青年なんですけど、ネタでは鬼みたいな顔をしてとんでもない下ネタを言うんですよ(笑) バンド活動もしているので、それに関する話も聞いてみたいですね。

 

福田:イチオシはやっぱり僕らと同期で仲もいい放電です。これまで賞レースで評価されていなかったんです。でも今年の大学芸会で決勝にこそ行けなかったんですけどすごいウケてて、それからLUDO内外で評判になりましたね。池田と原、どちらも面白い人ですし。

 

*「国民的大学生芸人グランプリ ~大学芸会~」:お笑いサークル連盟が企画・運営している大学お笑いの大会。2011年より開催され、現在、学生を対象としたお笑いイベントとしては日本一の規模となって いる。(大学芸会 HPより )

ゲッターラブプロフィール

早稲田大学お笑い工房LUDO23期に所属する福田海凪・二瓶宙也、22期に所属する磯成美によるトリオ。主にコントを行う。大学芸会2023では決勝に進出した。

 

個人プロフィール

二瓶宙也

2002年3月2日生まれ。
東京都杉並区出身。
早稲田大学教育学部に在学中。

 

磯成美

2002年6月3日生まれ。
神奈川県横浜市出身。
多摩美術大学に在学中。

 

福田海凪

2001年9月4日生まれ。
早稲田大学本庄高等学院卒。
早稲田大学政治経済学部に在学中。