早稲田で最もアツイ出版サークル、新会員募集中! 企画、取材、デザイン、ぶんげい、好きな分科会で自由に活動しよう!

Atelier Chocossy 小清水圭太さん part.1

「Atelier Chocossy」は、日本で数少ない“お菓子細工の体験”ができる教室です。初心者からプロの幅広い層に向けてチョコ細工や飴細工の講習を行っています。今回は、そんな「Atelier Chocossy」の代表・小清水圭太さんにお話を伺いました!

Atelier Chocossy代表 小清水圭太さん
北海道出身 1993年生まれ
にいがた製菓専門学校えぷろん卒業後、
都内チョコレートショップを経て
2016年よりチョコレートOEM企業にて勤務
2018年パティシエとして勤務後、
2021年アトリエチョコッシー開業。

記者:最初に、Atelier Chocossyを始めようと思ったきっかけについて教えてください。

小清水:Atelier Chocossyは2020年の10月頃に考えました。それ以前は銀座の洋菓子店に勤めていましたが、コロナの影響により2、3か月休みになってしまって。自宅待機で暇を持て余していたのでSNSを始めたりもしました。そのときマジパン細工の講習会をやってみようと思いつき、ほとんど見切り発車で開講しました。2日で40名ほどの講習生の方々に参加していただいたのですが、それが見事に会社にばれてしまって……。

記者:本当は規則違反だったと言うことですか?

小清水:これ言っちゃっていいのかな(笑)。当時勤務していたお店が副業禁止だったので、会社から烈火のごとく叱られてしまいました。始末書も書き、いったん会社を続ける意思を伝えたのですが、やりたいなと思っていた沢山の事ができない環境に不自由さを感じるようになり、会社を辞めました。

記者:沢山のお菓子のパティスリーなどがある中で、なぜお菓子細工の講習をする店舗を立ち上げようと思ったのですか?

小清水:マジパン細工の講習会の反応が良かったので。飽和しているパティスリーと同じやり方ではなく、菓子細工の技術自体に価値をつけられないかと、お菓子細工を教える教室を始めました。

業界内でよくある『講習会』は80人~100人規模で人を集めて、シェフがデモンストレーションしているところを見ているだけ、というものが多いです。実践的に学べる講習会は日本ではほとんど無かったので。「いや『穴場』じゃん、やったもん勝ちじゃん!」と思いました(笑)。

記者:たしかにそうですね。先駆者として広げていくチャンスじゃないですか?

小清水:こういった菓子細工に焦点をあてたアトリエは業界初だと思います。シュガークラフト細工やマジパン細工を自宅などで少人数相手に教える人はいますが、ここまで色々な種類の講習を行う環境はなかなかありません。

記者:新しいことを始める上で不安はありましたか?

小清水:パティスリーは基本的に給料が低いので、このまま働き続けても仕方ないと思いました。長時間労働・低賃金で、それはずっとどうにかしたと思っていたので、不安はありませんでした。最悪失敗してもバイトすれば生きられるし、とりあえずやってみようと。結果的に良い方に転んだのか、注目もしてもらい、色々お声をかけていただいて上手くいっています。ラッキーです。

記者:講師の方はどのように招待していますか?

小清水:飴細工の講習会に来てくださった松田さんは学校の先輩なのですが、仲良くなったのはここ1年くらいです。大会のアドバイスを貰いに行ったときに意気投合して誘いました。チョコ細工の講師をしてくれた川野さんは、たまたま銀座線に乗っているときに見かけ、SNSで「もしかして、さっき銀座線乗っていましたか」と声をかけ、そこから繋がり、講師をお願いしました。色んな偶然が重なって今に至ります。

記者:講習会の魅力はどのようなところだと思いますか?

小清水:最初は生徒さんも思ったように作れないですが、出来上がって皆さんのテンションが上がっているところを見ると、思わずドヤ顔してしまいますね。

実は飴細工やマジパンをはじめとしたお菓子細工は全くの初心者でも、コツを掴めばうまく作れます。生徒さん達同士が仲良くなることもできるのも魅力ですね。お菓子細工ができたらモテますよ!たぶん!



▲講習会で作った飴細工の写真・チョコ細工の写真。お菓子細工未経験の方でも綺麗な作品に仕上がります。

記者:講習会で苦労したことはありますか?

小清水:あまり苦労と思ったことはありません。これは笑い話ですが、飴細工の講習会で参加者の方々には 「火傷しないようにね!」と声かけをしていたのに、自分が火傷してしまいました(笑)。あと、川野さんがペンキ塗り縦の真っ白な壁に、真っ黒のココアバターをぶちまけてしまって、掃除するのは苦労しました(笑) 

記者:今後の展望はどのように考えていますか?

小清水:集客はSNSメインだったのですが、少しずつ方向を広げて周辺地域やお子さん、初心者向けの細工講習などを考えています。Atelier Chocossyからエリートチョコ細工er(チョコザイカー)が出てくれると良いですよね(笑)。新たな講師を呼ぶことも決定しているので、たくさんの人に参加してもらいたいと思っています。菓子細工の展示会など独自の活動もしていきます。


▶︎Atelier Chocossy
〒1810002 東京都三鷹市牟礼2-16-11

▼Atelier Chocossy HP(講習会参加希望の方はこちらから)
https://select-type.com/p/chocossy/

▼「小清水さん」のInstagram
https://www.instagram.com/chocossy_/

 

この他にも、小清水さんの学生時代のお話やチョコ細工へのこだわりもお聞きしました!

記事はこちらから▶︎https://waseda-massken.com/interview-atelierchocossy2/