1967年創立 早稲田で一番アツい出版サークル マスコミ研究会! 企画・取材・デザイン・文芸、好きな分科会で自由に活動しよう!

【マス研員に取材】第五回

今しかない時間を、“推し”とともに

あざらしプロフィール写真

ニックネーム:あざらし
学部:教育学部
学年:3年
座右の銘:楽しいから笑うんじゃない。笑っていれば楽しくなる。

 

――あなたの語りたいことを教えてください!

Sexy Zoneの菊池風磨くんについてです!

 

――好きになったきっかけを教えてください。

中学1年生の時に、Sexy Zone(*1)が5人でやっていた番組を友達におすすめされたことがきっかけです。それがすっごい面白くて。最初は5人の掛け合いが面白くて観ていました。風磨くんに関しては、茶髪で、襟足が長くて少し怖い印象でした。

(*1)2011年デビュー。佐藤勝利、中島健人、菊池風磨、松島聡からなるグループ。2022年をもって、マリウス葉はグループを卒業した。

でも、当時風磨くんが出演していたドラマ『時をかける少女』を観てから印象が変わりました。演技から優しい雰囲気がすごい伝わってきて。それまで観ていた番組と全然雰囲気が違っていて、かっこいいなって思って好きになりました。

『時をかける少女』DVD
『時をかける少女』のDVD。値段の高さにビビるが、発売から丸1年後、あの夏にもう一度戻りたい、と満を持して購入。

 

――今までに参戦したライブでのエピソードを教えてください。

2022年の12月にSexy Zoneが初めてドーム公演をしたんですね。その東京ドームでの公演で、花道から5番目の神席が当たったんです!
そのライブ中の何気ない瞬間に、風磨くんがすっごい笑顔になったんです。感慨深いような、優しい笑顔をしてくれて。それがもう忘れられません。

 

――Sexy Zoneのグッズでお気に入りのものはありますか?

グッズはメンバーがデザインしていて、どれもめちゃくちゃセンスがいいんです。特にお気に入りなのはこのバッグですね。表面に4本のビンがデザインされていて、Sexy Zoneの4人を表しているんです。でも、実はSexy Zoneはもともと5人で。マリウスが途中で卒業したんですね。それでも他の4人とは今も仲が良くて。だから、この取っ手についてるタグをめくると……小さいビンが! こういうところからメンバーの関係性やストーリーが読み取れるのがとても良いんです。

Sexy Zoneライブグッズ1Sexy Zoneライブグッズ2

2023年夏のツアー「ChapterⅡ」のグッズ。

 

――ズバリ、菊池風磨さんの推しポイントは?

正直、全部です(笑)。
でも、ここまで長く好きでいられるのは、風磨くんの生き方や考え方に惹かれているからだと思っています。風磨くんは家族や友達をすごく大事にする人で、雑誌のインタビューなんかでもすぐに家族の話題が出るんです。

あと、彼は青春フェチなんです。一度しかない青春のように、今しかない時間を楽しむ大切さも彼から教えてもらいました。私の中でも、青春時代である中高の時期に風磨くんと出会えたのはとても大きなことですね。

 

――ファンとして一番嬉しい瞬間はいつですか?

風磨くん自身に関しては、映画やドラマなどの新しいお仕事が決まった時ですね。
でも、“Sexy Zoneの菊池風磨”も好きなんです。すごく楽しそうに「明日4人で仕事なんだよね」って言っていると、グループで仕事するのが幸せなんだろうなっていうのがとても伝わってきて。それがファンとしても嬉しいですね。

 

――ファンとして今後期待することはなんですか?

ずっとそのままでいてほしいですね。今はほとんど休みがないらしいので、忙しさや体調不良で自分を見失うことなく頑張ってほしいです。

 

あざらしさんのオススメ!
お気に入りの曲ぎゅっとこちらから   菊池風磨が主演を務めたカンテレ・フジテレビ系 火曜23時ドラマ「火ドラ★イレブン」『ウソ婚』主題歌『本音と建前』。椎名林檎作詞・作曲。こちらから

 

お読みくださりありがとうございました!
次回は、江戸文化カメラヨルシカについて語っていただきます。

【マス研員に取材】第六回はこちらから✨